Hatena::Grouptwitter

まーまー

2009-09-16

内田樹の書く「合気道」

| 14:56

ch1248:Now browsing:増子化対策 (内田樹の研究室) http://bit.ly/4aZyI9 url

ch1248:内田先生がまた合気道の事書いて、合気道を知らない人を煙に巻いている。 url

HanaUsagi1729:@ch1248 えーと内田先生の話は合気道やらないと分かりませんか? url

ch1248:@HanaUsagi1729 うーむ、ポイントを押さえればある程度はわかるかも、ですが、合気道やってる時の感覚をそのまま話してる部分もあったりするので、合気道やってなければ全て理解するのは難しいですね・・・。 url

HanaUsagi1729:@ch1248 内田先生のエッセイや本に良く出てくる「合目的であること自体が目的を達成することを阻害する」というやつですか? >合気道的な感覚 url

HanaUsagi1729:ん?違うか 合目的であろうとすでに理解している領域内で算用していると合理には決して到達しない か? url

ch1248:@HanaUsagi1729 それは俺の言う「合気道の感覚」とは少し違いますね。言葉で説明出来る部分の合気道の教えです。 url

ch1248:「合目的であること自体が目的を達成することを阻害する」っていうのも、もちろん合気道の考え方で、「相手に何かされた時に、その何かされてる部分をどうにかするんでなくて、それとは別の部分で対処しろ」って考え方から来てる。 url

HanaUsagi1729:@ch1248 やはり理論と実践による実感は違うのですね。内面から理解するしかないのですね。 url

HanaUsagi1729:客観(外面)から見た情景と主観(内面)からみたものは同じ物を見ていても違う面を見ているに過ぎない。怒りを実感することと"怒っている状態の脳の状態を見つめること"は同じ怒りを見ていても全く違う。 url

ch1248:@HanaUsagi1729 感性をその分野で磨いていくことで見えるものがでてくる、というのはありますね・・・。 url