Hatena::Grouptwitter

nipottern RSSフィード

2009-03-17

Twitter で人生が変わった、ついったーシンデレラの報道について 12:38  Twitter で人生が変わった、ついったーシンデレラの報道について - nipottern を含むブックマーク はてなブックマーク -  Twitter で人生が変わった、ついったーシンデレラの報道について - nipottern  Twitter で人生が変わった、ついったーシンデレラの報道について - nipottern のブックマークコメント

2009/03/16、NHK-BS1「きょうの世界」の午後 11 時台放送 (23:15 ~) 「Twitter 特集」に出てた、通称「ついったーシンデレラ」こと、石嶋未来さん (@woopsdez) が紹介されていた部分の文字起こし。

ナレーション (以下 ナ) : Twitter によって、「人生が大きく変わった」と話すのは、東京に住む石嶋未来さんです。Twitter を使いはじめたのはおよそ 2 年前。多くの人から瞬時に返信がもらえる Twitter は、既に生活の一部だと言います。

石嶋未来 (以下 石) : 話し相手がいない時に Twitter で「こんなことがあったよー!」…っていう風にする洞穴みたいな…。

ナ: 石嶋さんは当時、栃木県のデザイン会社でチラシを作っていました。仕事の愚痴を Twitter に書いていると、そのうち返信としてアドバイスが来るようになりました。

石: 仕事でこんなことがあったと。もう「本当にこの…怒りをどうしたらいいんだろう?」ってなってきたら、あの、大体同じぐらいの年齢で、同じ会社…あ、他の会社で勤めてる人が、こう…「そういう時は、こう、トイレで吐き出してくるといいよ。わーーって言って来い!」って言う人もいれば、女の人で、あの、もうちょっと若い子が「大変だったねー、今度飲みに行こうぜー!」って返してきたりとか…。やっぱり、打てば響く…みたいなところがあったので、多分、更にハマっていったんだと思います。

ナ: 石嶋さんが「Twitter ってどんなツールなんだろう?」とつぶやくと、こんな風に返信が付いていきます。コミュニケーションを重ねていくうちに、石嶋さんは、Twitter で知り合った仲間たちと、実際に会いたいと思うようになりました。

石: で、初めてオフ会に行って、彼等がすごい面白かったので、こんな刺激的なところに自分もいたい!と思って、就…仕事も決まってなかったんですけど (笑) 勢いで上京しまして…。

ナ: しかし、思い切って上京したものの、二ヶ月経っても仕事は決まりません。石嶋さんは、そうした苦境を Twitter でつぶやいていました。

石: Twitter でできた友達に、こう「就職先ないですか?」みたいに聞いてみたりしたら、友人の一人が「あ、うち募集してるけど来る?」って言うんで、「うん、行く!」って言って、そのまま就職も決まった。Twitter がなければ、東京に上京していることも、今の会社で働いていることも、今こうやって取材を受けることも (笑) なかったと思うので、Twitter によって人生が変わったと自負しています。本当に変わったと思います。

人生変わってよかったですね。

ちなみに、そんなシンデレラさん、2007 年 6 月に行なわれた、60 ~ 70 人規模のオフ会で偶然隣の席だったりして、名刺交換をさせてもらいました。その頃は、その栃木県のデザイン会社でお勤めで、とてもカラフルな名刺でした。

就職が決まった今は、白、黒、赤 3 色の非常にシンプルな名刺の会社でお勤めです。

でも、正直、

「私も石嶋さんみたいになりたい!なれる!」

みたいな勘違いをして、同じように無計画な上京などという軽率な行動に出る若者が後に続く恐れがあることをメディア (NHK) は認識してこれを放送したのか、そこが気になるところです。

こういう軽いノリで就職活動する人とかが増加していってしまうのは、採用する側としては、判断材料基準の揺らぎに繋がる可能性もあり、非常に由々しき問題です。

人を雇用するというのは、その人の社会生活のみならず、生活基盤全体までをも支えていくかどうか、その判断が求められた末の決断で、非常に繊細な問題です。

今まさに就職活動をされている諸君におかれましては、こういった甘い幻想を抱かせるようなメディアの報道に揺らぐことなく、しっかりとした将来設計のもとで、就職活動を継続されますように願います。


石嶋を採用した会社の中の人より。