さまざまなめりっと

 | 

2010-01-21

誰でも一度くらい、自分の中に努力する才能があるか試してみる価値はある

07:38 | 誰でも一度くらい、自分の中に努力する才能があるか試してみる価値はある - さまざまなめりっと を含むブックマーク はてなブックマーク - 誰でも一度くらい、自分の中に努力する才能があるか試してみる価値はある - さまざまなめりっと

shi3z_now むかしSEが少ない頃は平均して高収入だったが、SEが高単価だとわかると昔ならSEには慣れなかったような人たちが大挙してSEを名乗り始めた。そしてSE人月単価暴落した。だから今の基準で○○業界が人気、という基準で就職活動をするとすぐに痛い目にあうだろうね。 link
shi3z_now 今無職の人が急に働き始めると、社会全体の平均賃金が低下するんだろうなあ link
shi3z_now 昨日バイトの子と話をした時に「なんとしてもアニメ、出版業界に行きたい」というので、「そんな業界は先がないよ」と反射的に言ってしまったんだけど、むしろ不人気業界でも好きだから敢えて行きたいっていう人間の方が信用できる。ただ、今どこも人を増やそうとは思ってないだろうけど link
shi3z_now ニートが出来るってことは、よくわからないけど周辺資産の消化をしてるわけだから、それはそれで社会がまわっているのに貢献してるという@pha氏の主張は正しい。もし怒りを感じるとすれば、それは怒りではなく嫉妬だ link
shi3z_now 人間はうまれつき不平等なものだし、それを平等に扱おうとすることそのものに無理や嘘がある。格差社会は受け入れないといけないし、格差があるからこそ這い上がって行こうという意識が産まれるはず。拝金主義も大事だよね。 link
shi3z_now いくら相続税を払おうともともと金持ちの家の子は生まれつき金持ち。美男美女の子は美男美女、努力できる親の子は努力家、努力できること自体も才能だと思うし、努力ができないことを本人の責任にしてしまうのはおかしい。努力が出来ない奴は本人が悪いと言ってる人はたいていピラミッドの上のほうの人 link
shi3z_now おれはもう、努力がとにかくできなかったし、いくら頭がいいと人に言われても、勉強とか全く手につかなかった。そのうえ、僕は小学校の頃から大学院に行きたかったし、勉強し、努力すればいけるもんだと思ってた。ただ、いくら机に向かっても努力が継続できない。これはもう運命としか言いようが無い link
shi3z_now で、今の状態は努力したからあるのかと言えば、やっぱりちょっと違って、そりゃ自分なりに頑張った部分はあるけど、嫌なことを我慢したんじゃなくて好きなことに集中できるように他のことを犠牲にしただけ。それを努力と呼ぶ人もいるけど、僕にとっては気持ちに環境を最適化しただけ。 link
shi3z_now もし僕がもうちょっと頭が悪かったら、努力もできないし勉強も嫌いだし、思いやりが無いからたぶんもっと早く人生に絶望するなり変節するなりして、生きただろうな。自殺したかもしれないけど。でもそれも含めてたまたまこうなっているんだと思う。 link
shi3z_now んで、○○ができない人に何を言っても基本的には○○が出来るようには成らない。努力とかの問題じゃない。無理なんだ。そういう人は会社に入れない。社会で他の受け皿を探して、全く受け皿がないようなら本人が変わるしか無い。受け皿があるのなら、そこが相応しい居場所なんだ link
shi3z_now ・・・という一連の話がたとえば真実だったとして、これを子供にそのまま伝えてしまうと子供は面倒なことを嫌い、努力を嫌がり、本来は自分のなかにあったかもしれない努力する才能を開花させずに社会に甘えて育ってしまうことになる。だから子供には真実を伝えず、「努力すれば報われる」と言い続ける link
shi3z_now 人間って自分が不運だとは認めたくないんだよね。どんな人でも。自分だけじゃなくて、自分以外の人が不運だっていうのも認めたくない。僕だってそう。だから悲惨な映画を見たら救いを求めて辛い気分になるし、脳天気な映画をみるとときどき嫉妬したくなる。それが自然な反応。 link
shi3z_now けど人間の自然な反応だけに社会を最適化すると、それは単なる野蛮な集団になってしまう。社会はどこかで幻想を見せながら、良い嘘をみんなで信じて行かなくてはならない。・・・・という話を昔誰かにしたときはリアリストと言われたけど、今はリアリストって言葉なくなったね。 link
shi3z_now いまはリアリストっていう言葉がなくて、リア充非モテという二元論しかない。で、どっちがリアリストかっていうと、むしろ非モテの方がリアリストが多いように思える。ホリエモンとか@phaとか、まー夏野さんとか@kawangoとかが本音を喋ると、みんなドヒャーってなる link
shi3z_now 非モテがなんでリアリストになれるかっていうと、嫉妬という感情を早いうちに理解できるからかもしれない。僕は25歳を過ぎるまで誰かに嫉妬したことがない。だからそれまでは努力すれば報われるとか信じてたよ。けど努力できない自分はダメなんだって link
shi3z_now いま、そもそも誰かが建前を作っても、すぐツッコミ入るから。むしろみんなの持ってる共通の幻想のほうが「リアル」なんだと思われてる。で、その「リアル」は実際と違うよ、って言っても信じてもらえない。みんなそんな話は聞きたくないわけで。自分の神を否定されたくないんだろう link
shi3z_now ニートっていう、働きも勉強もせずのうのうと暮らしてる若者が居るよ、っていうリアルを受け入れられない。働かないなら罰を受けるべきだ、という価値観が支配している。まあ彼らが責められることがあるとすれば、国民の三大義務を果たしていないということだろうね。つまりニート違憲 link
shi3z_now でもニートが本当にNot Educationかっていうとそうとも言い切れない。数学の難問に挑み続ける在野の数学者は自分で自分を教育しているのだろうし、自分探しの旅でネットを放浪する若者は、ネットからなにかを学び、四六時中ゲームに没頭する人は、ルールを学び最適化を研究しているわけで link
shi3z_now だけどこれからの未来は、いままでうまいことみんなが誤摩化されて来た「不都合な真実」がどんどん明るみに出て行って、いままで見なかったことにしていた遺伝子による人間生来の能力の決定なんかも解っちゃうようになってね。占いだったものが予定になって、100億総ぶっちゃけ社会でどう生きるか link
shi3z_now いままでなんとか誤摩化せていたのは、Twitterが無かったからだと思うんだよね。人の心に起きる変化を編集して表現できたから幻想に説得力を持たせ、一貫性を維持していた。首相までもがTwitterをするようになったら人の意志や欲望は剥き出しになり、建前はどこかに吹き飛んで行く link
shi3z_now そういう混乱しきった世界の中でなにが起きるかというと、いままで「真実はひとつ」だったものが、実は真実は沢山あることになって、人は同じものをみても違う真実を認識し、Twitterユーザの数だけ異なる真実が産まれることになる。ちょうどタイムラインのように link
shi3z_now そうした無数の真実のなかで、また新しい欺瞞のやり方が発明されていくだろう。けれども欺瞞はまた見破られ、それが暴露されるという繰り返しがTwitter上で連鎖的に起きると、欺瞞そのものに意味がなくなっていく。Twitterはもしかすると人類全部をひっくり返してしまうかもしれないね link
shi3z_now ネットの世界には、もはや建前はないんだよね。2ちゃんねるとはてぶがそれを吹き飛ばした。今残ってるのは「リアル」という幻想。信仰と呼んでも良い。実際がどうあれ、そう信じる人が多いとそれが真実として受けとられるというのが信仰2ちゃんねるにもはてブにもそうした信仰がある。 link
shi3z_now ただ、子供に真実を教えるな、という話もそうだけど、実際に新しい時代を作ったりする言動力になるのは「ちょっとバカ」な人、というか、無謀な信仰を持っている人、だから、無謀な信仰を持っている人の邪魔をしないためには建前も必要、ということか link
shi3z_now 東大卒は平均年収がいまの5倍くらいになるべき。高卒と大卒の生涯賃金が30%しか違わないなら大学に行くモチベーションって単に惰性だからね。いま問題なのは、みんなが「あいつは凄い高給取り」と思ってる人も、蓋を開けるとたいして金持ちじゃないってこと。これは凄く不幸だよ。 link
shi3z_now たとえば年収1000万って、平均収入の高々2倍でしかない。なんか一生無理って感じしないし、高卒だったうちの親父だって最後はそのくらい貰ってた。けど、年収1億と年収300万だったら、一生勝てないって誰にもわかるから、なんとか知恵を絞ろうとするはず。そのほうが健全 link
shi3z_now 全国民の平均年収を下げるよりも、年収が少なくても快適に生きて行ける社会を作るのが良いゲームバランスだと思う。 link
shi3z_now ネットゲームの話でいうと、「このゲームはこうなっているべき」「この仕組みはおかしい」とか「もっと○○を増やしてくれ」というのは常にゲームのトップエンドの人たちなんだよね。ゲームにあまりのめり込んでなく日も愛着も薄い人はそういう苦情を言ってこない。 link
shi3z_now ゲーム全体を盛り上げるためには、初心者、要するにお金を持ってなくてレベルも低い人たちをどうやってもてなすか、どうやったらゲームの楽しさを理解してもらえるか、というところにエネルギーをかけないといけない。 link
shi3z_now で、ネットゲームを盛り上げるためにプレイヤー全員に2万ゴールドプレゼント、とかやって効果があるのかというと、一時的にしかない。 link
shi3z_now さらに、高位レベル者にしてみれば、自分が報われないようなゲームは時間の無駄だから高位レベルにあがったらあがっただけのサービスをしてあげないとゲームから離れて行ってしまう。高位レベルの人がみんな不幸せになってるゲームなんて、初心者は遊ぼうと思わない link
shi3z_now で、高位レベルになるほどリスクも高くなるし、そのかわりリワードも大きい、といった遊びができるようになる。これ、アメリカ型資本主義社会だよね。金持ちほど破産のリスクが高い。貧乏人ほど破産リスクが少ない link
shi3z_now ゲームと現実の政治が違うのは、ゲームマスターがおらず全てがプレイヤーによって決定されていること。しかも、ルール変更は高位レベルの人にしかできないような仕組みになっている。だから高位レベルに有利なルールがどんどん採用されていってる…と思いきや、そうもなってないところが面白いんだよな link
shi3z_now 社会をどうやってよくしようと考えるよりも、この日本国ゲームを盛り上げるにはどうすればいいか、考えた方がわかりやすいなー。個人的には link
shi3z_now 現実だと「収入で量るのは良くない」と言われる。収入は感情の逃げ道がないんだろう。それは嫉妬だよといっても無意味だから、ゲームでいえば「レベル」と捉えると解りやすい。 link
shi3z_now .@Haruto305 意図するところは、東大に入る努力に対して利益が少な過ぎるということでした。東大卒だから5倍というのは言葉のあやで、成功した人とそうでもない人の間には、そのくらいの格差があってもいいのではないか、ということ。と考えると、確かに収入で説明すると誤解受けますね link
shi3z_now .@hakobne うん、そうですね。そういう意味で日本国には経済的に成功したら政治家を目指すというルートがあるわけですが、あんまり政治家目指すのがポジティブに捉えられてませんよね。政治家なんて最もリスクが高くてしかも収入も少ない職業なのに link
shi3z_now @bigburn 週100時間遊ばないと楽しめないと思われているところが、そもそもネットゲームが盛り上がらない理由だと考えられるので、一日5分でも楽しめますよ、という方向になっていくと思いますよ。ブラウザ三国志みたいに link
shi3z_now ネトゲを週100時間遊ばないと楽しめないっていう幻想は、いまの日本のサービス残業しないと生活できないとか、年収500万ないと生活できないとかっていう幻想に近いものがあるなー。生活はできるんだよ。定義が違うだけで。ただ「人並みの生活」というのがひとつしかないのが問題 link
shi3z_now .@bigburn そういう意味でギークハウスやシェアハウスというのはブラウザゲーム的な方向に言ってるんじゃないかと思うんですよねー。 link
shi3z_now .@kawango いやー、それはどうでしょう。昔よりも個人は歴史に関与しやすくなってると思いますよ。Twitterとかgoogleとか、wikipediaとかのサービスを作る個人は歴史上の誰よりも早く自らの思想を世界に浸透できたわけで link
shi3z_now そういう意味で@lalhaがWow引退っていうのは考えさせられる link
shi3z_now RT @gtach: 学歴は評価されるべきではない。社会で成果を上げたことが評価されるべきだ。 RT @ar1 RT @shi3z_now: 東大卒は平均年収がいまの5倍くらいになるべき。高卒と大卒の生涯賃金が30%しか違わないなら大学に行くモチベーションって単に惰性だからね。… link
shi3z_now 学歴について不用意なことをいうとすぐに間違ったツッコミが来ることが解ったので今度から気をつけよう。でも年収が数倍にならないならなんのために貴重な10代の時間を使って高等教育を受けるのかね。まあ年収って言い方じゃなくてもいいんだけど、社会的影響力とか貢献度でもいいけど link
shi3z_now ただ、最終的に社会貢献しようって考えるのは生活が安定してる人だろうしね。レベルに応じて違うクエスト(目的)を与えなければ成らないのは当然だよなー。ゲームだと考えたら link
shi3z_now ただ、東大とか卒業生も多過ぎるし教員も多過ぎるから、いまの1/100のサイズでスーパーエリートを養成する学校を作ってそいつらが本当に社会にインパクトを与える、みたいなことにならないのかね。昔の東大予備門における正岡子規夏目漱石みたいに link
shi3z_now あ、あいつら中退か link
shi3z_now ああ、でもだめか。そもそも前提が「努力する才能がなければ努力できない」っていう話なんだから、スーパーエリート校があっても、それは単なる認定システムであって努力の目標にはならないのかもしれない。つまりエリートを養成できるという発想自体が誤りなんだろうな link
shi3z_now ということを子供達が知ってしまうと努力する才能をもっていたとしてもそれが開花しないから・・・あれ?30分前に同じこと書いたな link
shi3z_now ノリコ「さすがお姉様っ!天才ですね」カズミ「それは違うわタカヤさん。私もマシーンに乗って最初の日は転んだわ。でも次の日、そうならないよう努力したのよ」ノリコ「じゃあ、努力の天才ですね!」は合ってると思う。でも誰でも一度くらい、自分の中に努力する才能があるか試してみる価値はある link

関連:そろそろテレビ出演について一言いっとくか - phaの日記

SkipSkip2011/10/24 21:46Well macadmaia nuts, how about that.

yzovgfyzovgf2011/10/25 01:20oBnLhM <a href="http://zfmxyfrjmura.com/">zfmxyfrjmura</a>

wnwqdnjvcrxwnwqdnjvcrx2011/10/25 23:305m8tCK , [url=http://avdfqbokalrs.com/]avdfqbokalrs[/url], [link=http://awhqslvfixor.com/]awhqslvfixor[/link], http://tjdsepwjomjf.com/

 | 
Amazon.co.jpアソシエイト