Twitter@fuuri このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-09日本初(?)のTwitterオフ会に行ってきました このエントリーを含むブックマーク

なぜかしら、仕事がどんなに忙しくても、これだけは早く(といっても遅いけど)書いておかなきゃという気になる。そんな「歴史の瞬間」を感じたオフでした。

f:id:fu-ri:20070508213049j:image:left

発端は、Going My Wayのkengoさんがビールを飲みたいと言ったことに対して、シックスアパートの平田さんが反応したことだったようです。2002年〜3年あたりから活動されている著名ブロガーのみなさんが集まる、私にとってはものすごいオフでした。(いちお、私も2003年からのブロガー^^;) 写真は、わかりにくいけど群がってビールを撮影するブロガーたちの様子(笑)

いわゆる「アルファブロガー」のみなさまを間近にしました。昨日のテレビに出ていたいしたにまさきさんがいらして、思わず「あー!テレビに出ていたひとだー!!」と言ってしまいました(おいおい) ほとんどが初めてお会いする方でしたが、すごく和やかな、そして熱い夜でした。めちゃくちゃ楽しくて、火曜日だというのにちゃんと(?)終電逃した(苦笑)

お隣にKNN神田さんがいらして、肩を抱かれちゃったよ。そんなことがありうるオフなんてきっとそんなにないよね。

オフの中でのkengoさんのお話が印象的でした。「ブログに何を取り上げるかではなく、【何を取り上げないか】にもこだわっている」という趣旨の話は、なるほどと思いました。そういうポリシーBlogの質を維持しているのだろうなあ、と思った。

集まったメンバーはどちらかというとブロガーさんたちだったわけですが、きっかけはTwitterだったわけで、Twitterがなかったら少なくても(普段ブログをあまり更新していない)私がこういう場に行けることはありえなかったわけで、ありがとうTwitter!という感じです。一応連載をしているおかげで、私の記事もみなさんに読んでいただいていたこともあって、今回は話がしやすくてラッキーでした。

みなさん、本当に本当に!素敵な方でした。ありがとうございました。新宿のあのビアバーが、本当に「聖地」になるのでしょうか。次回のお誘いも見逃さないようにがんばります(笑)

あ、そうそう。何かのWebサービスで初めてのオフ会があるときには、できるだけ参加するようにしています。1回目に意味がある。2回目では遅いということが本当に多いのです。orkutも、コトノハも(これは私が幹事でした)、奇跡的な空気があるオフでした。1回目のオフに出ると、ネットワークの広がりと強度(←こっち重要)が断然違ってきます。何をさしおいても出て損はないと個人的には思います。

参加者の方のレポ(私が見つけた分だけ。見つけたら追加予定)