Hatena::Grouptwitter

ついったー覚書 - Lupin1962

2007-05-16

[] twitter時代のアイデンティティ 22:03  twitter時代のアイデンティティ - ついったー覚書 - Lupin1962 を含むブックマーク はてなブックマーク -  twitter時代のアイデンティティ - ついったー覚書 - Lupin1962

いや、「twitter時代」っていうのも変な表現だけど、とりあえずいい言い回しが思いつかなかったんで(^^;)。

で、本題だけど、先日行われた“Twitter Night”に参加された方々のレポートとか感想なんてのを、blogやら日記やらtwitterやらで拝見してたんだけど、そこで何度か目にしたのがこういう文章。

わかってはいたことなんですが、twitterって割とアイコンで個人を識別していたので、会場内に知ってる人は何人かいるんだろうけど顔を知らない人だとなかなかアプローチできない!><

しいたけのおぼえがき ついったー部支店 - はてなグループ::ついったー部

やはり名前よりアイコン認識してる方が多かったので、首からアイコンを下げるとかした方が話しかけやすかった気がします。Friendいるかもしれないけど、誰が誰だかわからない状態だったので~。

Twitter Night感想 - yue@ついったー。 - はてなグループ::ついったー部

41: nirvash いきたい!いきたい! アイコン画像つき名札持参で!

いきたい!いきたい! - なんか Twitter 繋がりでオフ会みたいのやろうか? - はてなグループ::ついったー部

たしかにtwitterの場合、それぞれの発言に個別のアイコンが付いているので、ニックネームを見るよりもアイコンを見ることで発言者認識することができるわけだね。それとtwitterの場合、個人情報ってのはほとんど確認できない(数行の自己紹介と、あってblogなどへのリンク)ので、唯一(といっていい)個人情報であるアイコンが識別子として利用されるってのもあるのかな。

そういえば、以前、自分のアイコンを入れ替えたときに、Friendの方にすぐに変更したことを指摘されたわけで、みんな結構アイコンを見てるんだな、と。


で、実は個人的にはアイコンってのはあんまり重視してなかったんですよ。私ゃ、twitterアクセスするのにTIG+IRCクライアントな人なので、アイコンを見ることは少ない(twitter検索を使ったときくらいか)んだよね。あと、これまでの経験から、ユーザ認識ってニックネーム(もしくはハンドル)でしてたんで、twitterでもアイコンよりもそっちで認識してた、と。

あと、mixiでもユーザProfile写真を貼って、マイミク一覧にその写真が出てくるんだけど、あれも結構頻繁に入れ替えてたりして、個人の識別子としては利用してなかったしね。


んなわけで、個人的にはアイコン画像なんてのは適当に設定してたんだけど、twitter(およびその類似サービス)ではそのアイコンで識別されることになるのであれば、それなりに考えないといけないなぁ、とね。


ところがこれが実際問題、なかなか困るわけですよ(^^;)。ま、一番手っ取り早くてたしかなのが自分の顔を晒すってことだろうね。これならある意味、名札がなくても認識してもらえる可能性は高いと思うし(このサイズで顔写真が有効かどうかは、議論の余地はあるけど)。

でも、まぁ、そこもなかなか微妙で。40過ぎた疲れたおっさんの顔出すのも気が引けるし、逆に言うと顔で与える印象で話す必要が出てくるわけですよ、常日頃から。ま、実際のところ、オンラインで人格を作ったり、役どころを演じたりしてるわけではなくて(んな面倒くさいことしたくもない)、ほぼ素の状態で会話してるけど、たぶんそれは他人様から見ればかなり違和感はあると思うわけで(^^;)。

かといって、自分を表す良い画ってのも難しいし。それに何といっても飽きっぽいから、変えたくなっちゃうのよねぇ。今はmixiprofileと同じにしてるけど、だいたい1カ月ほどでその季節にあった写真に入れ替えたりしてるしなぁ。


ありものの画だと著作権の問題もあるんで安易に使えないし、使いたくないしなぁ。ふむ、どうしよう。


(全然関係ないけど、引用元表示とトラックバックって同時指定できないのか… TB: g:twitter:id:yuriyuri:20070515, g:twitter:id:tiga:20070515)