Hatena::Grouptwitter

yimamura's twitter archive

2007 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
<< 2012/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 | 

2012-12-18 (火)

今日のツイート

  • 12:35:07 #shoot1230 のこぎりをまっすぐに入れる程度でも技術が必要で、何枚かめでやっといい感じになってきた http://twitpic.com/bmxycl
  • 13:35:32 RT @ShinyaMatsuura: 【宣伝】12月18日火曜日、午後8時からニコ生ロフトチャンネルで放送を行います http://bit.ly/TrfkSr
  • 19:32:31 20時からのこれ、わたしのUstでも中継します http://ustre.am/Lq3 ■はやぶさ2の今、来年度予算と宇宙基本計画 松浦晋也(ノンフィクション・ライター)、小林伸光(イラストレーター)ニコ生ロフトチャンネル http://live.nicovideo.jp/watch/lv118686080 #はやぶさ2
  • 19:59:55 もうすぐ始まります http://ustre.am/Lq3 #はやぶさ2 http://twitpic.com/bn0vil
  • 20:01:43 松浦「シンプルなお願いです、パブコメを出してください」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:03:03 松浦「はやぶさ2の復習から。C型小惑星1999JU3へ。イトカワはS型。C型は炭素、生命起源のなにかがあるかも。行けるC型は1999JU3のみ。複数種類の小惑星からサンプルリターンするのが目的」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:04:11 松浦「はやぶさ2は2014年ないし15年打ち上げ、2020年帰還予定。人工クレーターを作るインパクターを使う。さまざまな信頼性向上のための設計変更。Kaバンドアンテナなど」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:05:28 松浦「2006年1月はやぶさ行方不明中に構想始まる。2006年11月『応援してください《はやぶさ2》』(川口)、同年予算折衝で文科省『予算つけるよ』JAXA『いらない』」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:06:50 松浦「2012年予算、73億円の要求に対して30億円。JAXAは内部経費から不足分を補っている。パドルの展開試験、サンプラーホーンの製造なども始まっている。形にはなっていないが搭載機器は続々完成中」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:07:45 松浦「2013年予算で114億円要求。打ち上げには満額獲得が必須。引っぱるだけ引っぱったためあとがない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:09:27 松浦「宇宙政策委員会『はやぶさ2については…検討を深めるべきである』え、『打ち上げに向けて推進』じゃないの?」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:11:28 松浦「打ち上げを2014年から延期すると2019年では軌道がよくない、その次は2024年。そうなると機器は古くなり人もいなくなる。今の体制は維持できない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:13:11 松浦「日本の宇宙探査は2000年以降挫折が続いている。LUNAR-A中止、のぞみ軌道投入断念、あかつき軌道投入失敗、ASTRO-G中止」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:14:16 松浦「しかも後ろからオシリス・レックスが来ている。1.5トンははやぶさの3倍。8億ドル使って2016年打ち上げ予定」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:15:17 松浦「アメリカは小惑星サンプルリターンをする価値があると判断している。日本の後塵を拝しても8億ドルをかける。国家戦略的にも推進という意思」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:16:06 松浦「欧州はマルコポーロR構想を動かしている。世界中がはやぶさのサンプルリターンに続こうとしている」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:17:43 松浦「宇宙政策委員はなにを話しているのか?非公開。議事録は概要。宇宙開発委員会は公開だったのに http://www8.cao.go.jp/space/comittee/dai8/siryou4.pdf」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:18:50 松浦「宇宙政策委員会内で出てきたはやぶさ2の評価は『やれ』『やれ』『もうちょっと考えろ』『やれ』」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:19:49 松浦「『やれ』3つに『意義不明確』1つ、この結果が『検討を深めるべき』とは? 委員の意見が反映されていない、ないがしろにされている」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:21:58 松浦「『意義不明確』の内容についても、『実利用(ってなに?)産業振興(宇宙研の先進技術が旧NASDAへ転用されていた)外交(はやぶさの海外評価は)安全保障(ムニャムニャだが確かにある)の意義が不明確』」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:23:30 小林「『宇宙科学ミッションではなく』のくだり、はやぶさ2が科学衛星でないならという話だとすれば科学衛星でないものにしようとしている?」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:24:00 松浦「それは宇宙探査のためのJSPECができたことと関係する」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:25:21 松浦「文章の筋を通すプロである官僚が書く文書でここまで不明瞭なことが起きている、なにかが起きているようだ。計画遂行に対してよろしくない何か。ただしここでは犯人捜しや勘ぐりはしない。不明瞭を解消しないと」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:26:03 松浦「もう大して時間はない。はやぶさ2は打ち上げ前に大変な困難に直面している。なにかできることはないか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:27:18 松浦「我々にできること1:パブリックコメント http://www8.cao.go.jp/space/plan/public_comment.html ただし宇宙基本計画のパブコメであることに注意」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:28:26 松浦「パブコメには、はやぶさ2をきちんと2014年に上げることが今後5年間の計画にいかに大切か、といったニュアンスを」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:31:24 松浦「政治家に送るとしてだれ? 新政権の要職が確実な人。安倍晋三事務所。自分の選挙区の代議士。参議院議員もあり。宇宙議員連盟の世話人。野田首相にも」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:32:48 松浦「野田首相ははやぶさ2に満額出すよう指示していたと聞いた。きちんと意思を示したことにお礼を示しておきたい。意見に応えて『ありがとう』と返ってくれば誰でもうれしい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:33:32 松浦「なぜこんなにはやぶさ2に入れ込むのか。それはむちゃくちゃ面白かったから。国はこんなに面白いことが出来るのかと思った」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:34:44 松浦「はやぶさはいっぱい失敗した。しかし運をつかむのも能力。最終的にサンプルリターンは成功した。その報酬が『もっと考えろ』ではいけない。成功した者を罰する国になってはいけない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:36:17 松浦「IUEという衛星があった。ゴダード研究所の近藤先生の話。多くの成果を上げていたのに予算を削りたい人たちの力でまだ使えたものを停波することになってしまった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:37:02 松浦「はやぶさは帰ってきためでたしめでたし、みんな幸せに暮らしました、川口先生に勲章をいっぱいつけて終わりでいいのか、そんなはずはない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:38:00 松浦「宇宙は広い。探査は続く。続けてこそ意味がある。次の世代に日本がどのような国かというメッセージをこれほど明確に送る事例はほかにそうない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:38:54 小林「はやぶさの報酬がはやぶさ2といえるのか」松浦「自分がしたことが無駄にならなかったという感覚が大事」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:40:06 小林「はやぶさ2以外に取る手はない?」松浦「現状は。それどころではないという状況」小林「ほかのことをしたい人が割を食っている?」松浦「後半話します」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:41:28 松浦「前回の配信後、首の皮一枚でつながった」小林「LUNAR-AやASTRO-Gは技術開発で問題があって中止になった。はやぶさ2は?」松浦「宇宙科学と探査は切り離せない。その話も後半に」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:42:31 小林「はやぶさ2も政治的に意味あいを持っている?」松浦「そういう領域に足を突っ込んでしまった」小林「政治家にとって意味があるのはよいことでは」松浦「いい方向にいけば」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:43:36 松浦「しかしそういう感覚は日本の政治家は伝統的に少ない。極地探検など見てもそう。中曽根元首相は『八紘一宇衛星』と言ったとか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:45:05 松浦「イギリスの探検は王室協会がお金を出す。極地探検など。知的好奇心や科学もあるがそれだけではない。スコット隊は科学調査に力を注ぎすぎて南極点到達できなかった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:45:37 松浦「アムンゼンは科学探査は二の次、とにかく南極点を目指した」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:47:11 質問「JAXAへの寄付でこちらの意思は伝わっているか」松浦「伝わっていると思います。しかし数千万。小林可夢偉がF1に出ると言ったら億単位集まった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:48:47 松浦「日本は寄付は控除されない。アメリカは控除されるからたくさん寄付する。アメリカには国を信用しない、よけいなことをするなという伝統がある」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:49:32 質問「宇宙政策委員会の委員長が実利用をしきりに言っているようだが」松浦「松井孝典先生ですね」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:50:30 質問「はやぶさ2のメンバーが引き抜きされる可能性は」松浦「宇宙開発の途上国が考えているかも。はやぶさのメンバーのうち2人が韓国や台湾に行っている」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:51:33 松浦「日本は特任教授なんかをたくさん作った。腰を据えて研究できていない」小林「海外で日本人が活躍すればそれはめぐりめぐって日本の利益になっているかも」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:52:41 質問「安倍さんと直接話せるとしたら」松浦「はやぶさを見たでしょ、ああいうことをもう一回やりたい、と言うでしょう」小林「はやぶさ2ははやぶさという枠ではなく太陽系探査」松浦「その出発点としてのはやぶさ2」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:53:23 松浦「ほかの計画は壊滅状態だからねえ。IKAROSも次があるかどうか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:54:31 松浦「JSPECはIKAROSの成功に続いて危機が連続。はやぶさ2のように」小林「JSPECとISASなどの関係がちょっとよくわからない」松浦「なるほど」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:55:08 松浦「では後半に行きます」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:56:16 松浦「ここからはディープな話を。パソコンは閉じます。小林さんとの対話モードで」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:56:45 松浦「そもそもなぜJSPECができたか。ISASとやってることは同じじゃないかと」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 20:57:51 松浦「2004年にアメリカがブッシュプランを立てた。それまではISS。ISSの次は月へというもの。日本はそれまで宇宙科学をやっていればよいと考えていた。どう参加するか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:02:04 松浦「JSPECはかぐやとはやぶさしかない状態が長らく続いた。かぐや2も続きができない。間隙を突いたのが川口先生のIKAROS立ち上げ。あれはすごかった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:02:56 小林「JSPECの担当は探査機?」松浦「そう。ISASは日本で一番頭がいい連中が体育系の組織をやっている」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:04:08 松浦「ISASのロケットは5年ごとに切り替わる。修士課程と博士課程の5年で必ず1回ロケット開発に関われる。しかしM-Vは大きいため変わり始めた」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:05:18 松浦「大きくなったロケットと大きくなった衛星を増えなかった予算で回すのは難しかった」小林「新しいサイクルが必要になった」松浦「理学の新分野が参加するようになって部門も増えた。しかし予算は増えなかった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:06:36 松浦「宇宙研の計画管理は独特のものがあった。林紀幸さんを見ていればわかるでしょ」小林「ロケット打ち上げの現場主任ですね」松浦「なんとなく小さいロケットから始まって続いてきた」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:07:24 松浦「全員がひとつの部屋に入る人数で進める。権限がプロマネの教授に集中する。それで成果を上げてきた。しかし規模が大きくなったり教授が無能だと破綻する」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:08:05 松浦「NASAの方式は逆。すべてを書類で管理しなにかがあったとき書類を追うだけでよい。アポロ計画はその方式。NASDAもその方式をとった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:09:19 小林「そんなISASとNASDAが一緒になったらお互いのいいところをとったことになれば…」松浦「それがなかなか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:10:28 松浦「宇宙研の体育会系のゆえんはロケット実験。年に1回内之浦へわーっと行って打ち上げる。科学者がなにを言おうとMロケットしかなかったのも大きい。しかしそのM-Vはなくなった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:11:09 松浦「研究者にしてみれば待っていれば自分の衛星が上がるという確信があった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:11:52 質問「政権交代で宇宙政策ががらっと変わることは」松浦「今はまだわからない。宇宙は後回しということになる可能性も」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:12:24 松浦「自民党も宇宙基本法には賛成している」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:14:16 松浦「じゃあ科学者のコミュニティの中でもうちょっと話し合って、ということになった。しかし科学者は自分の研究が最高と思っている。その中で意見を統一して予算を取れたのはM-Vがあったから」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:14:47 松浦「M-Vがなくなってパンドラの箱が開いたらみんなの意見がぶわーっと出てきてまとまらなくなった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:15:32 小林「道具を押さえた者が強いというのはどうなのか」松浦「ナポレオンのエジプト遠征では科学者をたくさん連れて行ったらわがままたくさんで大変だった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:16:34 松浦「異論反論続出が当たり前の科学者コミュニティを宇宙戦略室の経産省の役人が予算をつけない理由にしてしまった」小林「環境が変わる中で対応しきれていない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:17:28 小林「今までの方式がうまくいきすぎた」松浦「相互依存の面はあった」小林「科学者としてはどこの衛星でも本来よい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:18:28 松浦「ロケットがなくなったのが大きい。なぜM-Vがなくなったかというとウー、要するに金がないと文科省が。2つのロケットを持つ余裕はないと。じゃあなぜH-IIをなくす選択をしなかったのか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:20:35 松浦「宇宙研は慣例が多い。予定されていたM-Vの10号機は工学試験機というのもそう。そこで理学系のASTRO-Gというのは異例中の異例。おれの衛星が回ってこないかもという不安を科学者が抱いた」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:21:20 質問「宇宙研の予算どうやったら増えるかな」松浦「かつてのような理学と工学の緊密な連携はできなくなっている。ロケット一蓮托生でなくなったため」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:22:17 小林「H-IIで同じようにはできない?」松浦「H-IIAは単純計算で惑星間空間に4トン上がる。衛星は800キロないと振動であかつきが壊れる。重しとして作ったのがIKAROS」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:23:08 小林「H-IIAは静止軌道特化だから、科学衛星向けのロケットを新開発はできないのか」松浦「金がない。そういう意見をパブコメに出すのが一番」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:23:52 松浦「M-Vは究極の固体ロケットで、どこを直しても悪くなる。ありとあらゆる科学衛星を打ち上げられてその点で無敵だった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:24:47 松浦「イプシロンは森田先生が苦労しているだろう」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:25:46 松浦「固体燃料はタイミングよく切り離さなければならない。それによって最高の性能を出す。ペイロードに合わせてチューンするのが当然。NASDAにはそういう発想はなかった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:26:54 松浦「H-IIAはいかにも三菱らしくて、要求された仕様にとにかく特化する。あかつきのトラジェクトリを考えた人は苦労した。どんな軌道を考えても三菱がそれは無理と言っていた」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:27:47 松浦「ロシアのロケットは惑星間空間にロケットの力だけで投入できる。そういう冗長性の文化」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:29:32 松浦「はやぶさ2では『タダでロケット取ってこい騒動』があった。それちゃんと取ってきましたからね」小林「衛星を上げたければロケット探してこいというのはある意味当然」松浦「自分のところにロケットあるのに?」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:30:09 松浦「その2年後に『H-IIA以外で上げてはいけない』ですからねえ」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:30:40 松浦「種子島は定時打ち上げされるようになって観光で潤ってるらしいですね」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:31:31 小林「宇宙戦略室が今後の予定を立てるのか」松浦「それに宇宙政策委員会が助言するということになっている」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:32:15 小林「日本の宇宙政策はどこでどう決まっているのか、関係者に聞いたら『なんとなく』だった。宇宙なんとなく戦略室と名乗ってほしい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:33:03 松浦「普通の人が宇宙の情報につながりやすくなっている。そこからどうやって声を伝えていくか。この放送を見ている人もいる」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:33:58 ニコ生の来場者はいま2875人 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:35:35 松浦「はやぶさ2に異論をとなえる人にメンバーが交替して、今までの経験者は一歩引く形になりつつある。我々がやることで意義のある探査にという考え」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:36:55 小林「好意的に見れば世代交代」松浦「いい言い方をすればその通りで新しい人を育てる。悪い言い方をすれば『おいしい料理の皿の前からどけ』」小林「はやぶさがああまで成功したから同じ皿の料理を食いたいと?」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:37:58 松浦「そういう考えで入ってくると大変だよね」小林「そのことに本人も気づいていなかったりしますからね」松浦「わたしもメンバーの意思がどうなのか確信があるわけではない。國中先生が入ってきたのはいいこと」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:38:49 小林「イオンエンジンが動かなければはやぶさ2は動かない、と」松浦「はやぶさ2の次のマーク2ではもっとすごいことやろうとしてる」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:39:41 松浦「マーク2は仕切り直しになっていて、はやぶさ2の前プロマネの吉川先生は今そっちやってる」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:40:21 松浦「金があればねえ。金があっていろいろできるのは経験を金で買えるということ」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:41:24 松浦「宇宙基本計画案も表と裏があるというか…役所だけが中でぶっちゃけないでやってるのはどうなのか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:42:41 小林「予算を振り分ける権限を一本化して…それは悪いことではないか」松浦「省庁再編はそれが目的だったのに。総理府宇宙開発委員会だったのが内閣府宇宙開発委員会にならず文科省宇宙開発委員会になってしまった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:43:42 松浦「文科省になってほかの省庁の宇宙予算がわからなくなってすごく取材しにくくなった」小林「一本化の志はよい、そのためには組織が求める大きなプロジェクトが必要、それが準天頂衛星と聞いた」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:44:41 松浦「組織に必要なてこが使った後も残っちゃうのがねえ。そもそもM-Vがなくなったもとの原因は情報収集衛星で金が足りなくなったから。あれが400億円持っていってしまった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:45:50 松浦「2500億円という情報収集衛星が1兆円くらい使った。準天頂衛星もどうなるかわからない。宇宙戦略室がなかなかできなかったのは文科省の抵抗があったから。そして規模に応じた大プロジェクトをとなった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:46:56 松浦「準天頂の前に似たようなシステムがある。運輸多目的衛星の航空管制用のしくみ。あれいつのまにかなくなったでしょ。ANAもJALもそっぽを向いたから」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:48:02 松浦「2000年くらいから航空会社の企画室がジャーナリストを回っていかに使えないか記事を書いてくれと頼んでいた。現都知事がそれを堂々記事にした」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:49:08 小林「一度組織ができると維持が…JSPECも」松浦「そうならないとも限らない」小林「活動内容が見えてこない。どんどん計画を出してほしい」松浦「予算がないから出しようがない面がある」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:50:11 小林「私見でもいいから」松浦「JAXA本社がそういう動きはするなと言っている」小林「JSPECには将来ISASを飲み込むくらいを期待している」松浦「設立時に優秀な人材を集めまくった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:51:23 松浦「予算的な裏付けがないものを出してはならんと言われそう」小林「ISASの特別公開でJSPECのコーナーは」松浦「関わっているのはたくさん」小林「JSPECはこれをやっているんだーというのを知りたい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:52:13 松浦「前回の特別公開でエンセラダスのサンプルリターンという話も出した」小林「今後も太陽系探査を続ける気がないならはやぶさ2だってやる必要はない。できた組織を維持するためではいけない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:53:11 小林「NASAの大風呂敷はすごいじゃないですか」松浦「あれが全部ではないし権力闘争やっとる場合かというのもあるが」小林「火星へとなればみんなわーっと行く」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:54:08 松浦「ボーイングの火星探査計画は人間が降りない。人は火星の衛星からロボットを操作。うん正しい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:55:00 松浦「火星ではのぞみに遠慮してNASAはなかなか計画を立てなかった。ぶつかったらオレ論文書けない、だから」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:55:34 現在のニコ生来場者数2303人(さっきのは総コメント数だったかもしれませんすいません) ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:56:22 質問「はやぶさ映画を文科省がバックアップしても後が続かない」松浦「正論だね」小林「子どもにどうこうと言わなくても、やる子どもがやるだけ」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:57:15 松浦「明るい見通しがあると世の中ぱっといい雰囲気になる」小林「はやぶさはそれがあった。イベントとして重要だった」松浦「オリンピックは人と戦って勝つ、はやぶさは宇宙と戦って勝つ。こういうのはなかなかない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:57:56 小林「先へ進むことというか」松浦「それに対してこのお金のなさはどういうこっちゃねん、というのはある」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:58:56 松浦「ただ予算だけあっても使える器量がない人間には意味ない。一度お金がなくなると予算を使える人材も育たなくなる」小林「一番いいのは予算を使ってその成果に予算がつくこと」松浦「会社経営と同じだね」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 21:59:57 小林「日本の科学的プレゼンスを上げるという目標はもう時代遅れかも」松浦「海外では民間計画もたくさん進んでいるしね。宇宙基本計画はできたときには時代遅れになっているというのが持論です」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:01:19 松浦「アメリカはGPSや偵察衛星のしばりがなくなっていった歴史。有人宇宙活動を民間にという2010年の取り決め。民間でどんどん進めろとなっていっている」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:02:11 松浦「2015年くらいになるとアメリカの民間宇宙船が人を打ち上げるようになる。国家が宇宙開発を牽引する時代ではなくなる。オバマプランは民間に地球低軌道をまかせ国は新しい技術開発をというものだった」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:03:11 小林「産業として作る覚悟があるかどうか」松浦「次世代ロケットのH-Xは国でやるべきではない。三菱重工に補助金出すからできたら使うよ、と言えばよい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:04:06 松浦「三菱電機の製品が売れないのは三菱のどんなすごい技術がどう活かされているかわからないからでは。種子島で打ち上げるとこんなにいいことがあるのかなどアピール不足。MRJも早くできあがってほしい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:04:56 松浦「ISSはアメリカは補助金政策に使っている。ドラゴン宇宙船も補助金政策の最たるもの」小林「宇宙政策委員会は本来そういうことを考えるべき」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:05:50 松浦「宇宙政策委員会はもっと本質的な議論、方針を出すべき。JAXAは独立行政法人。仕事を自分たちで苦労しながら作っていかなければならない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:07:22 小林「夢想を語るのは合わないのかな」松浦「ぶっちゃけないと。今日は今のところ誰が悪いとか言ってないし」小林「えっ誰が悪いとかあるんですか、と聞けるのが池上彰」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:07:53 小林「省庁統合の成果は」松浦「予算の無駄が減りました」小林「それは予算が減ったということでは」松浦「その通り!」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:08:33 小林「予算を減らせと言ったのは国民だから減らしたことに文句は言えない」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:09:39 小林「こないだ話を聞いた方は宇宙に思いがあってそれはあの中では珍しい、ほかに2人くらいしかいないと言っていた。数年で異動になるからそういうものか」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:10:49 松浦「経産省には堺屋太一みたいなすごく仕事をするのがたくさんいる。しかし異動してきてすることというと前の人が作ったものを壊すこと。通産省のやった失敗はたいていそれ」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:12:10 松浦「その典型例が上砂川の落下塔。ぐわーっと予算取って作ったがニーズ無視で補助金がなくなった、次に来た人は壊すほうで実績をとなって壊してしまった」小林「そのころには世界唯一だからという評判が…」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:13:28 松浦「地球観測セクションは今すごく割を食っている。ALOSは止まってしまったし」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:14:35 小林「組織の維持に必要なのが準天頂衛星」松浦「準天頂衛星で不安なのは『×兆円の市場がある』とかいうふれこみ。測位衛星の市場であって準天頂衛星の市場ではない。GPSとガリレオと北斗があればと言われそう」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:15:35 松浦「準天頂衛星ならではの考えがない。『そこはユーザーの工夫で』みたいに言っちゃう。民主党政権の間、政治家にたくさん説明がされたらしい」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:16:12 うーんさすがに集中力が尽きてきた ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:17:05 松浦「地球観測衛星すら進んでないしなあ。いぶきは環境省」 ( #はやぶさ2 live at http://ustre.am/Lq3)
  • 22:35:17 みなさま視聴とコメントありがとうございましたー。今日の番組は録画でも見られます http://www.ustream.tv/recorded/27813940 #はやぶさ2
  • 22:39:36 テキスト中継は体感で6割くらいしか伝えられていないので、気になった発言などは録画をごらんください http://www.ustream.tv/recorded/27813940 #はやぶさ2
  • 22:50:30 「はやぶさ2の今、来年度予算​と宇宙基本計画 - Togetter」をお気に入りにしました。 #はやぶさ2 http://togetter.com/li/424947
  • 22:53:46 ほほー■文部科学省における宇宙分野の推進方策について:文部科学省 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/059/ho...

Powered by twilog

 |