Hatena::Grouptwitter

かえるさんのめも

行儀の悪いRSSクローラー対策ですべて「続きを読む」以降に記載しています
twitter [@Frosch_Badger]

2010-01-11

Getting started ほぼ機械翻訳

| 09:05

英語のままではさっぱりわからなかったので機械翻訳を通してみました。中の人は英語偏差値が30台とかだった上にPythonどころかプログラミング未経験な人なので、正直訳文は当てになりません。

なんとなく中の人がわかればいいや。

はじめに

あなたがTweepyをはじめて触る際にまず読むべき場所です。Tweepyとセットアップし、プログラムに取り掛かれることを目標とします。ここでは基本中の基本事項についてはあまり詳細に立ち入りません。

こんにちはTweepy

import tweepy

public_tweets = tweepy.api.public_timeline()
for tweet in public_tweets:
    print tweet.text

この例ではtwitterのPublic Timelineをダウンロードして、それらのテキストのそれぞれをコンソールに表示します。上記のコード断片のtweepy.apiはtweepy APIクラスのうち、認証を必要としない例です。クラスがすべてのメソッドを含むAPIはTwitter APIにアクセスします。 このインスタンス(たぶんtwitterのPublic Timeline)にアクセスするために認証は必要ありません。それで、あなたはこのインスタンスで認証をせずにAPI呼び出しができるだけです。 例えば、したの例では失敗するでしょう:

tweepy.api.update_status('will not work!')

では、認証チュートリアルの認証についての詳細に入ります。

API

このAPIは、クラス全体のtwitterのRESTful APIメソッドへのアクセスを提供します。各メソッドには、さまざまなパラメータと戻り値の応答を受け付けることができます。これらのメソッドの詳細についてはAPIリファレンスを参照して下さい。

Model

我々がAPI方法を呼び出すとき、我々に返される大部分の時間はTweepyモデル実例です。これは、我々がそれから我々のアプリケーションの中に使うことができるTwitterから返されるデータを含みます。たとえば、以下のコードは、我々にUserモデルを返します:

# Get the User object for twitter...
user = tweepy.api.get_user('twitter')

モデルコンテナは、いくつかのヘルパーメソッドのデータとして使用できる:

print user.screen_name
print user.followers_count
for friend in user.friends():
   print friend.screen_name

詳細についてはModelsReferenceを参照してください。